ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このゲームを説明するために、1作目からレビューします。

             20060804200426.jpg


かまいたちの夜 レビュー:10点中9点

94年にスーパーファミコンで発売されたゲーム。まだ「サウンドノベル」というジャンルが確立さえされていなかった時代に金字塔とも言える大ヒットを記録したゲームである。何と言っても、雪山の山荘を舞台にした、リアリティーあるストーリーが素晴らしいのである。サスペンスでありミステリー。選択肢によって、結末が変わるシステムを搭載し、上手に、トリックを見破り、犯人を当てなければ、ひたすらに人が殺されていくのである。疑心暗鬼・・・誰が犯人なのかと思っていたら・・・死、死、死、死。あげくの果てに恋人にも殺される。まさに生と死へのサバイバルへと化して行く。当時、小学4年生だった自分には衝撃的なゲームであった。未だにこのゲームを超えるサウンドノベルには出会っていない。そして、このゲームの素晴らしい所は、サブシナリオを初めとする遊び心にある。「チュンソフ党の陰謀」は、PS版が発売されるまで、知ることさえ出来なかったシナリオであった。私にとってこのゲームは、ノベルゲームを好きにしてくれた掛替えのないゲームなのである。

かまいたちの夜2 レビュー:10点中4点

2002年に突如として、PS2でグラフィックが強化されて発売された2作目。当時、2作目が出るということで、心が奮えたものである。しかし、それとは裏腹に1作目ファンの自分としては残念なものだった。ミステリー要素が皆無になり、静的な恐怖から動的な恐怖へと変わってしまい、サバイバル要素が無くなった。また、ボリュームはあるのだが、蛇足としか言えないサブシナリオ達に落胆の色は隠せなかった。何と言っても、作品の冒頭部分で一作目が無かったことにされたのには本当に怒りさえ覚えたものである。まあ、しかしながら、この2作目から始めた人には入りやすい作りにはなっていたのかもしれない。それに、悪い悪いと言ったものの、作品としては音楽、グラフィックに力が入っていてそんなには悪くない。あくまで、ファン視点としては・・・である。とりあえず、恐怖を楽しみたい人には良いのかもしれない。PSPで復刻版がでたので、興味がある人はやってみてはどうか。

かまいたちの夜×3 レビュー:10点中7点

7月27日に発売された3作目にして完結作。シナリオは1作目の我孫子武丸氏が担当するということで期待。ミステリーに重点を置いたと言うことで、さすがに中々力が入ってる力作。しかしながら、やはりというか何と言うか、2作目の舞台をそのまま使ってるので、リアリズムに欠けていた。システムにザッピングシステムという、4人の主人公を切り替えながら物語を進めるシステムを搭載しているので、犯人が絞れてしまう点もやや気になった。しかし、このネット社会に置いて、犯人が直ぐに分かってしまうという問題を上手に避けたという点には新たな可能性を垣間見た気がする。とにかく、犯人を当てただけで(真相編を終える)満足せず、犯人編まではやって欲しい作品である。作者の頑張りが伺える。そして、何と言ってもこの作品が完結作。金のシナリオまでたどり着いてぜひ、最後の彼らの姿を見て欲しい。総評としては、ボリューム不足は否めず、2に比べて力が入っておらず、これなら3000円ぐらいで良くない?という感じはした。唯、この作品には1と2のメインシナリオが収められているので、初めてこのかまいたちの夜という作品をする人にとっては、+1点与えても良い作品かもしれない。

・最後に
12年という歳月、何にせよ楽しませてくれたこの作品に感謝。これからのノベル作品に期待したいと思う。

             






よろしければ、応援していただけるとありがたいですm(--)m

スポンサーサイト

テーマ:かまいたちの夜3 - ジャンル:ゲーム


一ヶ月だけパケホーダイにして、遊びつくしました(笑)

BC -FFⅦ- レビュー:10点中7点

            bc_wallpaper2_1280x1024(poonz).jpg


「Compilation of FINAL FANTASY VII」の第一弾として、携帯端末で配信されたゲームで、FFⅦの6年前からタークスを中心とした話が展開されている。1章から24章まであり、1章ごとにミッションを行い、解決していく手法が採られている。価格は、一ヶ月500円。

ストーリーは、新人タークス(主人公)が、ミッションをこなしながら、FFⅦのキャラクター達の過去を追いながら、成長して行き、タークスとしての自分探しをしていく・・・。ストーリーは、後付感は否めないが、巷で言われている程悪いものでは無いと私は感じた。タークスという仕事の意義、そして、タークスとしての思想。FFⅦでは、ヤラレルだけの存在だった彼らのカッコイイ一面が見ることが出来る。それが知れるだけでも価値のあるゲーム。

システムは、携帯端末ということもあってか、基本十字キーだけで出来る仕様になっていて、初心者でも簡単に出来る。また、メール機能を用いて、他の仲間(このゲームをしている人達)に援護して貰う事が出来る。ちょっとしたオンラインである。但し、メールという事もあってか、ロード(待っている時間)が長くて、少々サクサク感が無い。また、中断セーブが無いため、ちょっとした移動時間にするには難しい。(ミッション毎にセーブはされているが。)

けっこう不満点も多いが、総評としては、携帯端末としては、その力をフルに活用されているのではないだろうか。個人的には、なかなか良い仕上がりだったと感じた。

そして、何と言っても、FFⅦファンには堪らない仕様になってる。逆に言えば、FFⅦのファンでもなんでもないのであったらやる価値はないとも言える。金額としては、1500円~3000円ぐらいの価値はあるのではないだろうか。二年近く続けた人は10000円以上の出費にはなっているだろうが・・・まあ、でも長くやった人にはそれなりの特典が用意されているので、その辺は抜かりないのかも・・・。

最後に忠告。今からやる人は必ず、パケホーダイにすることをお勧めする。私は、ざっと一ヶ月で500000パケット=約100000円ぐらい掛かった。パケホーダイじゃなかったら末恐ろしいゲームである。






よろしければ、応援していただけるとありがたいですm(--)m


やっと、終りました。なんだかんだで二週間・・・疲れた。

FFXII レビュー:10点中6点+
     
           20060402203055.jpg


何をRPGに求めるかで、評価が変わるゲームだ。システムかシナリオか。両極端に言えば、この二つに分けられるが、システム面で言えば、傑作クラスであろう。CG、戦闘、フィールド・・・広大且つ壮大。まさに最高峰。問題無く素晴らしい。プレイステーション2の限界であることは間違いない。しかし、何かと微妙な一面もある。例えば、ライセンスシステム。個性的なキャラなんか作れやしない。最後の方は、全員一色単。召還獣もほとんど使えないし、過去の召還獣はいない。そして、初めてRPGをやる人には、難しいシステムだと思う。

問題はシナリオ面。中世をイメージに、多くの人種、戦争をテーマにしている。その世界観は大変好きだ。しかし、伝えたいことが希薄で、主人公が誰だか分からなくなるぐらい、感情移入出来ない。Ⅶ以降のFFと比べると、シナリオに関しては駄作としか言えない。なんと言うか、キャラクター性が薄い。言ってしまえば、昔のFFに近い。ちなみに、昔のFFは、シナリオ面に期待なんかしてないから、あれで十分面白いが・・・

後、個人的不満と要望であるが、飛空挺がテーマの一部でもあるのに、Ⅹ以降の、飛空挺を自分の手で動かせないというもどかしさをなんとかして欲しい。スペック上の問題ではあるだろうが、それが出来れば本当にうれしいのだが・・・プレイステーション3に期待。

まあ、結局の所、今までのFFとは少し一線を隔しているように思える。昔の召還獣を使わないなど(名前では使われている)、意図して作っているのかも知れない。今までのFFにうんざりしていた人や、やり込みたい人にはおすすめだろう。クリアするまでに早くて50時間、普通で70時間以上掛かるRPGなんて、正直、初めてだ。もちろん、やりこむ人は、100時間以上掛かることは間違いないだろう。

とりあえず、また一時代が終った。なんだかんだ言ってもFFは、毎度楽しませてくれる。何年先になるか・・・次回作に期待。

             





よろしければ、応援していただけるとありがたいですm(--)m



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Be here now, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。