ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「白夜行」。近年まれにみる、良いドラマだった。ちょっと、落ち込むけど・・・そのうち、小説も読んでみたいと思う。

4TEEN レビュー:10点中6点

著者:石田衣良
あらすじ:東京湾に浮かぶ月島。ぼくらは今日も自転車で、風よりも早くこの街を駆け抜ける。ナオト、ダイ、ジュン、テツロー、中学2年の同級生4人組。それぞれ悩みはあるけれど、一緒ならどこまでも行ける、もしかしたら空だって飛べるかもしれない――。
友情、恋、性、暴力、病気、死。出会ったすべてを精一杯に受けとめて成長してゆく14歳の少年達を描いた爽快青春ストーリー。直木賞受賞作。(裏表紙引用)


石田衣良の作品で読むのは二作目。「娼年」に比べると、短編型に綴られていて実に読みやすく、中学生、高校生辺りが読むのにちょうど良いかもしれない。でも、大人になったからこそ読むべき本だと言える。大人になって失くした何かを感じられる。それは、友情、情熱、純粋な愛だったりするが、それ以上に、大切な――を感じることができるだろう。

14歳という年は特別な時代ではないだろうか。少なくても、私には特別な時だった。一生に渡って付き合う仲間が出来たのもこの時期だし、悪いこともしたし、学級崩壊なんかもした。その分、絆が深まり今でも年に一回、学級の皆で会う。恋愛には無頓着だったが、それなりに、色んな性を感じる時期でもあった。将来に不安を覚えるのもこの時期だった・・・・

多くの人が14歳という年に何かがあったわけではないだろうけど、この時代、この季節に、何か多くのものを得たことだろう。そういう、何かを再び感じたい人におすすめの小説だ。小説自体は、そこまで面白い、すごい!と思わせる小説ではない。個人的には、「娼年」の方が好きではあるが、これはこれで、読みやすく誰にでもおすすめできる良い小説だと思う。

        






よろしければ、応援していただけるとありがたいですm(--)m


テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学





「4TEEN」は私もちょっと気になってました。
>何かを再び感じたい人におすすめの小説
まさに今そんな感じです(^^;
文庫化もしたことだし今度読んでみようと思います。

石田衣良は、池袋ウエストゲートパークのシリーズと
「波のうえの魔術師」がなかなか良かったんで、お時間ある
時に是非読んでみて下さい~。
【2006/03/25 20:01】 URL | リン #-[ 編集]

就活がんばってるみたいですね。疲れますよね・・・しかも、本当に良いのか分からなくなる・・・こちらも、微妙にブルーでっす。4TEENは、正直、女性にもおすすめできるかは分かりません。でも、なかなか良いですよ。石田衣良が好きなら読んでみてください。「波のうえの魔術師」今度読んでみます。次の次ぐらいには・・・一応、次に読むのが決まってるもんで(笑)
【2006/03/25 23:18】 URL | >リンさん #VF9h7BGM[ 編集]

少年たちのひたむきさや、悩みながらも成長していく様子がよかったです。
14歳の頃読んでいたら、今とは違った目線で読んだかもしれません。
今は少年たちを見守ってるような気分でした。

あの頃は若かったです☆

【2006/03/27 23:58】 URL | えり #-[ 編集]

あの頃は、若かった~♪
本当に若かった(笑)色々、悪いこともしたしな~(笑)今は、法律家目指してんのに(汗)

女性視点だとそんな感じになるのかな?男性視点だと、あの頃に帰りたいとか思うんですけど(笑)なかなか、面白かったです^^
【2006/03/28 21:57】 URL | >えりさん #VF9h7BGM[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Be here now, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。