ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


さて、暇なときにこの映画を見て・・・どう語ろうか・・・ちゃどさんのレビューを見て見る事にしたのだが・・・

エレファント 考察レビュー:10点中8点

           elephant.jpg


この映画を傑作と呼ぶ私は、奇人か変人か。もはや、映画として語るしかないだろう。この映画の監督、ガス・ヴァン・サント。それは、LAST DAYS の監督である。

あのアメリカで起こったコロンバイン高校銃撃事件をモチーフにした映画である。私自身は、ニュースでその事件を知っただけだが、その当時、この事件が凄惨な事件であったことを知る人も多いだろう。

何と言えば良いのか・・・この監督の映画の撮り方には「日常」の中に介在する「非日常」(現実、非現実と呼んでもいいだろう)がある。それをどう捉えるかは、見る人によるだろうが、何とも言えない効果を生み出している。

例えば、なんでも無い普通の人、むしろ何故この映画に存在するのか?と疑問を投げかけたくなる人が、名称と伴に描かれているのだ。それが、「日常」であり、また、映画における「非日常」でもある。

彼らがすれ違う人(仲間)、会話、音・・・その全てが効果を生み出している。また、視覚にも注意する必要がある。ある一人の女の子の視点には、モヤがかかっている場面がある。彼女にとっての「日常」と「非日常」はまた違う。つまり、この撮り方(見せ方)には、生きる人間の「生存理由」のようなある一種の独特の雰囲気を産み出している。

それがもたらすモノは、限りなく「生」なのである。それを搾取するモノ、それが、「銃」であり「死」でもある。

そして、最後の場面の対比、それは、冷凍室・・・肉の塊と人間。それが、意味するものはもはや語る必要もないだろう。

生と死、日常と非日常・・・対比と対比・・・


この映画で私が語ることは「映画」という一つの枠でしか語ることが出来ない。何をどう考えるかは、人それぞれだろう。むしろそこを私は語りたくない。当たり前の「日常」における「非日常」を現実として捉え、向き合うのか。それとも、全て無かったことにするのか、それは、あなた次第であろう。そういう意図を持って作ってるのではないか?私は、この監督に賛辞を送りたい。

             






よろしければ、応援していただけるとありがたいですm(--)m


テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画





この作品 コブタもみました。
あえて 残酷さ非情さなどを、誇張せず、淡々と描くことで、こちらに 映画の中で行われていることについて考えさせる余地を与えてくれる映画でうよね。

映画の中に出てくる高校生が自然なだけに、深さがあるように感じました!
TBさせてもらいますね~!
【2006/05/25 14:40】 URL | コブタです #-[ 編集]

ほんと、撮り方がうまい!かなり勉強させてもらいました?(笑)やはり、この監督は、ありのままに近い状態を映し出す天才かもしれないですね。自然ってすごいですね。

TBなってないみたい?だけど、みさせてもらいま~す^^
【2006/05/27 00:02】 URL | >コブタさん #VF9h7BGM[ 編集]

エレファントは色々考えさせられる映画でしたね。
こんなに生の世界というものをありありと実感させられた映画もなかなかないと思いました。
生徒それぞれにものの見方、感じ方があるように殺人犯の生徒達も同じようにものを見て、感じる。ごく当たり前のこと。そのごく当たり前の日常に、殺人という非日常が違和感なくスッと溶け込んでくる。人生というものに対するある種の無常感すら感じました。
【2006/05/27 10:14】 URL | ちゃど #9CzqwTwc[ 編集]

いや~ほんと考えさせられる映画でしたね。それ以上に勉強になりました。当たり前の日常における非日常。なんとも言えないっす。そして、それは、いつでも我々にも降りかかる可能性があるものなのかも・・・ホントなんとも言えない無常感です。
【2006/05/28 21:06】 URL | >ちゃどさん #VF9h7BGM[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Be here now, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。