ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


寝れない・・・

愛についてのキンゼイ・レポート レビュー:10点中7点

            20060616034417.jpg


何が道徳的に正しいのか。何が正常と言えるのか。「性」という観点から、その問題を突き詰めた一人の男の物語である。

人の本能的に求めるもの、その一つに性欲がある。人の性的衝動というのが何処から来るのか。そもそも正しい性欲とは何なのか。ノーマルであるのか、アブノーマルであるのか。人は、悩み、葛藤する。

この映画は実に興味深い。50年~80年前の性への知識の乏しさ。そこからくる間違ったセックスの知識。ゲイ、レズ、バイ・・・多くの性癖と性の存在。それを白日の下にし、正しい方向に導いたこの先生の功績は讃えるべきものだろうし、再認識すべきものだろう。

しかし、彼は結局「愛」という存在については、何も分からなかった。科学では解き明かせないもの、それが「愛」である。「愛」と「性」の関連性とはなんなのだろうか。私は、そこに疑問を感じてしまった。「性」とは、唯、種族維持本能的な部分からくるものだろうか?それとも、快感からくる「欲」なのであろうか。「愛」があり「性」があるのか?それとも、「愛」の延長線上に「性」があるのか?むしろ、「性」という実態さえまだ未知の領域があるのではないか?

この映画で、性犯罪者についても少し言及されている部分がある。それは、極めて間違った解釈ではないかと私は思った。一般の人との「性」と性犯罪者の「性」には決定的に違う部分がある。それは、理性と自我である。単純に「性」といっても、其処にそれがあるかどうかで、全然違うものではないか?「性」の間違った解釈は恐ろしいものになるだろう。そういう意義を持って作られた映画なら素晴らしいものだろう。

この映画の最後のくだり。私には、「人であることを楽しもうよ」と言ってるとしか聴こえなかった。なんとも恐ろしく、それと同時に、なんて甘美な言葉だろうと思ってしまった。全ての人におすすめは出来ないが、興味があるのなら一度見てはどうか。

              






よろしければ、応援していただけるとありがたいですm(--)m

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画





大学の行動学の講義で「キンゼイ・レポート」の質問項目とか統計とか見た記憶があります☆
映画見たことないんですけど、見た友達いはく、いやらしさとかじゃなく違った意味で面白かったって言ってました☆
今度見てみようかなぁ^^
【2006/06/17 23:01】 URL | rui #-[ 編集]


全然いやらしくないよ。色んな意味で勉強にもなるし。一応、無修正だったけど、気にする程でもないし・・・興味があるならぜひ見てね。

【2006/06/18 06:43】 URL | ボレロ #VF9h7BGM[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Be here now, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。