ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


明日から学校が始まります。

COWBOY BEBOP 天国の扉 レビュー:10点中6点+

           20060924031232.jpg


1998年に放映され世界的評価を受けたアニメの22話と23話の間を映画化した作品。アニメ版は、その世界観とハードボイルドなストーリーが素晴らしい。特にラストの25話と26話の出来は俊逸。

アニメ版は作品自体が完結しているので、無理に続編として製作しないで、間の話として描いたのは成功かもしれない。ストーリーは、基本的にアニメ版の踏襲で、スケールを少し大きくした感じだが、夢と現実をテーマの主題に置いて、哲学的意味を深く見せた点では、アニメ版に無い良さがある。但し、敵の存在があまりに御座なり。もう少し、掘り下げて描いても良い様な気がする。まあ、ハードボイルドっていうのは、語り過ぎない良さがあるのかもしれないが・・・

なんて言うか、少し映画としてのスペックが足りない作品でもある。もちろん、アニメとしてのクオリティーは高いのだが、もっとファンを驚かせるシナリオを用意しても良かったのではないか、最後としてのフィナーレを語るのであれば・・・。個人的には、もう少しスパイクの過去に焦点を置いた作品を作って欲しかった。アニメ版ではそこだけが、あまり語られていないので、ジュリアとヴィシャスとの過去を追う感じの作品でも良かったのではないかな。(願望)

それにしても、音楽は毎度の事ながら素晴らしい。菅野ようこさんは、本当に素晴らしい楽曲を作る。この作品自体が、洋楽(KNOCKIN'ON HEAVEN'S DOOR等)をリスペクトしている点もあるが、音楽にはかなり力を入れている作品である。

              






よろしければ、応援していただけるとありがたいですm(--)m

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Be here now, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。