ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


グロ注意報発令中。観にいく人は注意してください。

SAW3 考察レビュー:ネタばれ有り 10点中4点

           saw3.jpg


この「SAW」という映画になぜ魅せられてきたのか?

なぜ面白かったのか?

それは、この作品が単純に人を驚かせる「ゲーム」だったからだ。

それが何を意味するのかというと、この作品が「ゲーム」という部分に特化したならば成功だったと言えるが、映画として見た時は失敗に終ったということに他ならない。

この映画の思想が何処にあったのかと言うと「生を尊重しない奴への粛正」である。その意味で言うと、前作で破綻しかけたその思想を今作ではきちんと答えを出そうとしている意思が覗える。実際、2で疑問に思ったアマンダの思想をジグソウはきちんと粛正した。

だが、それ故にこの映画は映画として破綻への道を歩み始めてしまった。

今作で、彼は最終的に自分をゲームの一部に組み込んでしまった。(最前線で見るというのは守られているが)リンという女医を拉致監禁までして、生き永らえたかったのはなぜか?それは、彼が最後の最後まで「ゲーム」を楽しむ人間でしか無かったということを意味している。

それは、仮定を置けば簡単に説明が付く。

途中で、自分(ジグソウ)がもしかしたら死ぬという仮定で考えてみる。そうすると、このゲーム自体が破綻していることに気が付く。つまりどういうことが言いたいのかというと、生き永らえてこのゲームが成立すること自体おかしいということである。

「終局的に自分が生きていないと成立しないゲーム?」この現象自体がこの映画の破綻の始まりである。つまり、こういうことである。

彼は、リンという女医に延命措置をしてもらい、生き永らえた。しかし、自分がゲームの一部になることを選んだ。そして、結果死ぬ事になる。=生を尊重していない。
(注:自分を犠牲にしてでも生を尊重させたいという考え方も出来なくもないが、「延命措置」という部分に着目すれば、生の尊重という観点から考えれば生きるのが生の尊重と言えるので、有り得ないだろう。)

ということになるのである。これでは、本末転倒である。「生を尊重しない奴への粛正」では無かったのか?自分が生を尊重していないという最後の落ちでは、この映画がゲームはゲームでしかないという意味でしか結局無かった事になる。つまり、この映画は映画として失敗に終ったのである。ゲームとして成功して映画として失敗に終った。そいうことではないだろうか。但し、続編の製作が決まっているらしいのでこれからどうなるかは分からないけどね。というか、もうどうでも良いかもね・・・。

追記:逆説的に「だから、ジグソウは死んだんだ。」という解釈も出来なくも無い。それでも、ジェフを助けなければ、この映画に救いは無い。という解釈になるべきで有り、結局ゲームはゲームでしかないという事になる。






よろしければ、応援していただけるとありがたいですm(--)m


テーマ:SAW3 - ジャンル:映画





凄い洞察力ですね!
コブタはそこまで見切れてみせんでした。

たしかに、途中でジグゾウは死ぬ可能性は十分あり、そうなるとすべてのゲームが成り立たなくなるんですよね、、。

ジグゾウ死んだ状態で ジェフがあの部屋に飛びこんだとしても顔の分からないリンの死体と、よく分からない男性の病死死体 そして感情的になっているアマンダ。。

アマンダの指令書には何が書かれていたか分からないのですが、、リンの生存がアマンダの生の第一条件だったみたいですが、

たしかにそうしてみると あまりにも幸運(ジグゾウにとっての)に頼りすぎたゲームだったんですね~(’’
【2006/11/20 12:48】 URL | コブタです #-[ 編集]

>コブタさん

コメントありがとございま~す。
ついでに言うとTB失敗してすみませんでした。初めてしてみたもので・・・m(--)m

確かにアマンダの指令書次第では随分変わった解釈も出来るのかもですね。それでも、最終的には生を大事にしていたとは到底思えませんね。もちろん、逆説的に「だから、ジクソウは死んだんだ」という解釈も出来なくもないんですけど・・・それでは、ジェフを助けない理由がない。ということになるんですよね。ということで、なんとも言えない映画でした。

次回作どうなるかな~(笑)
【2006/11/20 13:03】 URL | ボレロ #VF9h7BGM[ 編集]

好意的に解釈すれば、、最終的に死を想定していたアマンダと異なり、常に生存の道を残しジグゾウは人の生きようとする心を臨んで試練をさせていおり、また途中で死んでいても、ジグゾウが死に、リンが死亡した段階であの空間は閉ざされリンに対して新たなゲームが始められる(ジェフの子供を体を張って助けるといった条件といったような)とみればまだ、、つじつまは合わせられるんですよね、、、

でも、、あくまでもこれはかなり強引にこじつけたらですがね(^^;

次回作、、最近流行の、、ビギニンズシリーズになるのかしら、、わざとらしく過去の女性とか今回出てましたし。。。(><)
【2006/11/20 20:16】 URL | コブタです #-[ 編集]

>コブタさん

ふ~む。確かに解釈次第では、ジグソウは、最後まで生を諦めなかったと言えなくも無いですね。そもそも、彼の生への尊重というものの解釈が普通の人とは違うという事も考えられる・・・その辺は、監督のみ知る・・・かも知れませんね。基本的に毎回、謎は残りますからね。

しかし、今回でだいたい完成してると言えなくもないんですけどね。ビギニンズシリーズか~。それも無くも無いかもですね^^
【2006/11/21 13:48】 URL | ボレロ #VF9h7BGM[ 編集]

初めまして!先日はコメントをありがとうございました!
『カリスマ映画論』の睦月です。

ボレロさんの見解・・・とても興味深く読ませていただきました。
今回の作品の落ち度というか、ジグソウとしてのあり方に対して決定的な誤りがあったということがよく分かります。

素晴らしい見解だと思います。私はこういう見方が出来ないのですごいなあ・・・と純粋に感激してしまいました。


ただ・・・。
私、ジグソウって本作でまだ死んでないと思うんですよ。
最後も心拍数が完全なるゼロにはなっていなかったと思うし(見間違えだったかな? 笑)

だから、あんなにギリギリのヨボヨボでも、なんとか彼は生き永らえたと思っています・・・・が、どうでしょうか?

ではボレロさん、今後ともぜひよろしくお願いします!
【2006/11/21 18:32】 URL | 睦月 #-[ 編集]

>睦月さん

コメントありがとうございます(*゚▽゚*)

ジグソウは死んでいない・・・
なるほど、新しい見解ですね。そこまでは私も考えていませんでした^^首を切られて完全に死んだと思ってましたし、さすがに延命できたとはいえ、もう出番はないかと・・・。死んでいないとすれば、私の見解も無かった事になりますね><

とにかく、次回作を待ってみますか。
こちらこそ、今後ともよろしくお願いしますね。私のブログは、完全に映画に特化したものではないので、睦月さんのように頻繁に更新はしませんけど、他の記事も読んでくださいね。
【2006/11/22 17:01】 URL | ボレロ #VF9h7BGM[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



SAW3観てきました~SAW(感想はコチラ) SAW2(感想はコチラ) と回が進むにつれ 格段にあがっていく残虐やグロテスク描写、、、(--; 寝ていたわけではないのに画面をこれほど見ていない映画も珍しいです。 コブタの視線【2006/11/20 12:49】
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ ソウ絶さアップ・おソウ末さもアップ  カリスマ映画論【2006/11/22 02:53】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Be here now, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。