ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


社会問題化したWinnyに一つの答えが京都地裁で出た。

ゲームや映画ソフトの違法コピーを容易にしたとして、著作権法違反ほう助の罪に問われた元東大助手、金子勇被告(36)に対し、京都地裁(氷室真裁判長)は13日、罰金150万円(求刑懲役1年)の有罪判決を言い渡した。氷室裁判長は「社会に生じる弊害を十分知りながら、自己の欲するままウィニーを公開、提供しており、独善的で無責任との非難は免れない」と述べた。
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20061213AT1G1300Y13122006.html

今までのP2Pソフト(ファイル交換ソフト)の問題の変遷は、基本的にユーザー側のアップロードによる公衆送信権の違法であった。その点、今回の事件は、開発自体による著作権法ほう助の罪である。

正直、私自身は有罪にするのは厳しいのではないかと思っていた。開発が罪であるのならば、ネット社会自体が閉ざされてしまうからだ。また、罪刑法定主義の論理構造で認められるとは思えなかったからだ。

今回の論点と呼べるかは分からないが、裁判長は、「著作権の侵害を知りつつアップデートを続けた事」にほう助の論理を結びつけたように思える。また、Winny自体の技術の有用性は認められている。

その論理構成が正しいかどうかは別として、苦しいものの上手い落とし所だったのかも知れない(但し、高裁以上で認められるかは微妙だろう)。何にしてもこの事件の余波は格段に大きい。開発者や技術者がどこまで出来るのか。自由な開発が出来なくなるのか。などの問題が生じる事は間違いない。

それと同時に、法整備をしっかりすることが、今後の日本の課題とも言えるだろう。P2Pソフトで言えば、公衆送信権違反という論理構造だけでは、違法性を問うのに限界があるだろう。(単にダウンロードするだけでは違法に問えない等)今後の展開が注目される。

関連記事
Winny事件の衝撃






よろしければ、応援していただけるとありがたいですm(--)

テーマ:法律全般 - ジャンル:政治・経済



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Be here now, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。