ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


重要なモノ?金では無い何かを・・・。
久しぶりの文学レビューです。けっこう読んではいたのだけれど・・・

波のうえの魔術師 レビュー:10点中7点

著者:石田衣良
あらすじ:あの銀行を打ち落とせ!謎の老投資家が選んだ復讐のパートナーはフリーターの<おれ>だった。マーケットのAtoZを叩き込まれた青年と老人のコンビが挑むのは、預金量第三位の大都市銀行。知力の限りを尽くした「秋のディール」のゆくえは・・・。新時代の経済クライムサスペンスにして、連続ドラマ化話題作。(裏表紙引用)


豊富な知識とそれを具現化するセンス。そして、物語を読ませる上手さ。物語初盤からグイグイと引き込まれていく。株や経済を題材にしているのに、その取っ付きにくさがほとんどと言って良いほど無い。人によっては、経済や株に興味を持つのに一役買うかもしれない程である。

まさに、物語初盤の主人公の言葉「ちょっとおれの話をきいてみるといい。絶対に損はさせない」が、読み終わると理解できるかも知れない。

但し、だからと言って、「株をするべきだ!」と押し付けがましさだけが残る作品ではない。読み終わった時、人それぞれの感じ方があるだろう。実際、この物語に登場する主人公の彼女(ミチル)の存在は、それを解釈する上で重要な存在だと思う。


さて、私がこの作品を読み終えて、誰が正義なのか?と聞かれたら、正直困る。主人公が正義だとも思えない。もちろん、銀行なんて最悪だし、裁判所も同じだ。この物語が奏でるのは、資本主義という社会基盤の中の不条理でしかない。しかも、実際の史実を元に構成されているのだから恐ろしい。この作品が訴える事の真実は其処にあるのではないだろうか。

私は正直複雑な心境である。
これからそんなどうしようもない世界に飛び込んで行くのだから・・・

              






よろしければ、応援していただけるとありがたいですm(--)

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Be here now, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。